Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

俺式ペパクラ設計法(試作) その5

その5です

またもや文字制限にひっかかりました。
スポンサーサイト
category
作り方

俺式ペパクラ設計法(試作) その3

その3です

タテガミ基部をつくります
category
作り方

CAS舞衣(HMM用) 四肢

CAS舞衣(HMM用)の作り方参考写真第二弾です

本記事では四肢に装着するアーマー一式を説明します


今回はポイントのみ説明を入れ基本写真の羅列という形をとりますがご了承くださいw
この写真の他にCGモデルでも取り付け位置等確認しつつ組み立ててください

いつも通り左右対称パーツは基本的に左側のパーツで説明しています

見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします




以下*はこの作品特有の注意事項となります


*本記事では、プラモデルとの差を減らすため、
・用紙と印刷の設定…線の太さを1、線をくっきり印刷する(ベクター印刷)、【線の太さ1で線を薄く印刷する(ビットマップ印刷)で線の濃さ目盛り右(薄い)から5番目(真ん中より一目盛り薄い方にずらし)だと線がほとんど目立たなくなります。ただし描き込みで再現している部分が多くありそれらもセットで薄くなります】
・切り取り毎に断面及び必要に応じて裏側をカラーペンで着色、等の処理をしつつ組み立てていますので、一部展開図と違う部分もあるかと思いますがご了承ください

*また、プラモデルとの接続軸は爪楊枝を適当な長さにカットしたものにセロテープを巻いて太らせた(取付穴に差し込み逆さにしても落ちてこない程度に)ものを使用しています。そのほか紙に接着可能ならばどんな素材でも大抵大丈夫かと思いますので適当なものを調達してください。軸の長さ目安は、後日別記事にて掲載します

*軸の取り付け方は、まずプラモデルの取り付け穴に上記軸を差し込む→その軸の断面にのりをつける→パーツを位置を見ながら取り付け貼り付け→のりが乾燥して軸が接着するまで放置、という流れです




作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、特に『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ


category
CAS MAIKOROMO

CAS舞衣(HMM用) 頭部

お待たせいたしました。CAS舞衣(HMM用)の作り方参考写真第一弾です

本記事では顎下のカウル含む頭部アーマーを説明します


今回はポイントのみ説明を入れ基本写真の羅列という形をとりますがご了承くださいw
この写真の他にCGモデルでも取り付け位置等確認しつつ組み立ててください

いつも通り左右対称パーツは基本的に左側のパーツで説明しています

見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします




以下*はこの作品特有の注意事項となります


*本記事では、プラモデルとの差を減らすため、
・用紙と印刷の設定…線の太さを1、線をくっきり印刷する(ベクター印刷)、【線の太さ1で線を薄く印刷する(ビットマップ印刷)で線の濃さ目盛り右(薄い)から5番目(真ん中より一目盛り薄い方にずらし)だと線がほとんど目立たなくなります。ただし描き込みで再現している部分が多くありそれらもセットで薄くなります】
・切り取り毎に断面及び必要に応じて裏側をカラーペンで着色、等の処理をしつつ組み立てていますので、一部展開図と違う部分もあるかと思いますがご了承ください

*また、プラモデルとの接続軸は爪楊枝を適当な長さにカットしたものにセロテープを巻いて太らせた(取付穴に差し込み逆さにしても落ちてこない程度に)ものを使用しています。そのほか紙に接着可能ならばどんな素材でも大抵大丈夫かと思いますので適当なものを調達してください。軸の長さ目安は、後日別記事にて掲載します

*軸の取り付け方は、まずプラモデルの取り付け穴に上記軸を差し込む→その軸の断面にのりをつける→パーツを位置を見ながら取り付け貼り付け→のりが乾燥して軸が接着するまで放置、という流れです




作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、特に『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ
category
CAS MAIKOROMO

GH アーマー 脚 その2

作り方記事第12弾
ラスト!

前回と今回ではジェノハイドラの脚部(展開図Y、Z、ア、カ、キ、ク)のアーマー部分の作り方を説明します


脚部の製作は原則として左(Y、Z、ア)右(カ、キ、ク)ふたつずつ作るので、左右表記は省きました
ですので特に表記がない場合は左右でふたつ製作して下さい
なお対応するパーツは同じ番号になっています
例えば、
・単にア-5を組み立てると書いてある場合は、左側:ア-5と右側:ク-5の計2パーツを組み立てて下さい
・左右表記ありでY-2(Y-5)を組み立てるとある場合は、左側:Y-2(Y-5)と右側:カ-2(カ-5)の計4パーツを組み立てて下さい
・×2表記でZ-3(Z-6)を組み立てるとある場合には、左側:Z-3(Z-6)と右側:キ-3(キ-6)の計4つ、同じパーツを組み立てて下さい


作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、特に『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ

*見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします
category
GENO HYDRA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。