Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

またまた

ブログ放置もまたですが、その他色々と途中だというのに新作に手をつけるというのもまたなんというか(以下略

さてそんなわけで、オーフェン新刊(魔術学校攻防)に先駆けて42冊ほど中古本買ったり、本命の魔術学校攻防がなまじフラゲできるかもとか期待したせいで4日間ヤキモキしたまま過ごす羽目になってしまってその間 後々に取っておこうと思っていた前述中古本を結局10冊ほど読んでしまったり、まあそんな9月中旬だったのですが

3DCGモデルが完成です!


はいそうです
HMMフューラーのCASとはいえ、ヤクトではありません

ゴジュラスMk-3...の、頭部素体もBFなままの、つまりCASゴジュラスといったところでしょうか



頭部キャノピーにはセロファンを使う予定です
オレンジがないので赤で...


ちなみに今回カラー資料を発見できなかったため、適当に合わせてしっくりきたものを採用
あまり良いセンスではないと思いますがご了承下さいw

帝国仕様風な没カラーぺたり
スポンサーサイト
category
バーサークフューラー関連

赤いあいつ

HMMフューラーの予約、それに伴って詳細画像キター!
ブースターパックのアーム成文の多さとマニューバスラスターが小さい&フィンパーツじゃないという点と尻尾先の隠しハサミはちょっと、残念...とまではいかないけども、残念な以外はたいへん満足です
爪だけで自立してるし!
よく言われる脚の細さはアニメ再現とするなら、よく再現されてるかと思いますがねー
太ももとふくらはぎアーマーが小型化(ピッタリ化)されてるのはちょい寂しいですが

しかしあの鳥脚で自立れるのはさすがプラ、ペパクラじゃ無理だ!
う、羨ましくなんか...



さてZAOD展示会展示作の公開もまだ全然できていないですが、フューラーキターのと本日胃が痛い事が1ラウンド完遂した勢いで
パルスとVレックスにとって変わられたシークレットその2を載せておきますね^p^

三倍速!
...とまではいってなかった、でしたっけ、ですよねw

専用台座(フューラー素体モデル)を以前アップしてますしある程度予測されてたかもしれませんが、舞衣で味をしめたのでHMMフューラーに装着できるCASをフライング制作しようかなー という企画でしたw
もう一度作る前提で作る程の気力時間はなかったのでした
つくづく貧乏性というか、なんというか

しかしこのゼネバスユニット、面白い可動がないんですよねー
動くのはミサイルハッチくらい
たまには、というか組み立てているときは可動部分ない方が楽だしいいかなーとか思ったのですが、設計が進まないw
まあ曲面が多目なのも片棒担いでますが...


そんなわけでゼネバスは凍結してヤクトに逃げます!←

ブキヤさんならやってくれる、という期待を込めて、有名なtypeB(ゲーム等で出てる角形の砲2門背負いに手にシールド?のあれ)ではなくtypeAの方を
フューラーCAS中唯一?シャープ系でないフェイスは結構特徴的、問題は脚の2連ミサイルポッドのハッチの開きかたがよくわからない点ですが...まあ適当にやってみますw
しかしヤクトはパンツァーに比べてミサイル率が少ない...(ボソッ

HMMフューラー詳細写真集の中になぜか素体の真横からの写真がない(ゼロのときにはあったのに...追加きてくれー)ので、発売後の夏にモデリング完成~年内完成を予定ですがまあ期待はしないで下さいwwたぶん途中で様々な浮気をしそうなのでry
category
バーサークフューラー関連

公式レポきたー

HMM公式ブログにモデラーズミーティングのレポ第一弾が来ていますね
(自家スクショよりは)高画質ないろいろ来ていましたが、開発図面もいいですけど、もっとこう真横からとか真横からとか三面図とか載せてくれればいいのには嬉しかったです
フューラーは目がかなり小さくなっているようですね
あとアニメではハッチ側に目が付いていたような気がしますがHMMでは普通に本体側に付くようでw




全体的に少々ふとましくなりました

どうせならのカラバリその1・テュランカラー

手足その他は結局まだ弄っていないです
首と尻尾の放熱フィンカバー開閉は再現する予定
粒子砲砲身はペラペラなので下顎の牙と間...歯茎の隙間?wに収納可能予定

そういえば各爪は紙二枚重ねのペラペラ仕様にするつもりだったのを思い出したのですが、脚爪はちゃんと箱で作らないと自立が厳しいかもしれませんね…
category
バーサークフューラー関連

シークレットふたつ目

というわけで作っていますよっと

何をというのはだいたいバレそうですがねー
これはセイバリオンは絶望的ですなw←

超簡易モデルです
年賀企画のギル様から描き込みも取っ払ったようなのと思っていただければ

なので脚は付け根(胴体上下軸数角度)と爪の横開き以外固定の予定…それにしても細脚なので支えきれるかわかりませんが、ともかく上のような姿勢は無理じゃないかと思います
実際はこんなかなあと



エイプリルフール時にちょい出しした厳密な一作目が役に立っています
今と全然違う作り方なのでそのままでは使えなく、全くのお蔵入りするにはかけた時間がもったいなかったのでよかったです
しかし謎構造になっていたり、紛らわしいファイル名が大量だったりして当時の手探りっぷりがよくわかるw
ちなみに当時試作が途中まで作ってあるのですが、埃を払うのが骨なので載せれません^p^色画用紙補正もあってなかなかの出来(に見える)なのですが


頭部~身体まではこれでほぼ決まりですが脚とかは適当に引っ張ってきただけなのでこれから直していきます
category
バーサークフューラー関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。