スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

GH フレーム 尻尾

作り方記事第7弾

今回はジェノハイドラの尻尾(展開図Q、R、およびK-10)のフレーム部分の作り方を説明します


作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、特に『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ

*見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします
1:

尻尾は大きさが違う同じものを五個+一個作ります。一番付け根のブロックで説明をしますが、各パーツを切り取る説明時にのみ()で他五つの対応するパーツナンバーを併記しますので参考にしてください。が、組み立て自体は可動部分の強度上、付け根ブロックから順番に、ひとつずつ作っていくことをお勧めします。

GH1280.jpg
身体-フレームで作ったK-10(Q-7、18、S-10、17、29)を用意します。


GH1281.jpg
Q-8(Q-15、S-13、21、33、34)を切り取り、折って、筒状に。


GH1282.jpg
Q-5(Q-19、S-14、15、23、36)を切り取り、折ってQ-8がぎりぎり通るサイズの筒状に。(可動A)出来うる限りぎりぎりにしてください。


GH1283.jpg
Q-1(Q-11、S-1、9、22、37)を切り取り。


GH1284.jpg
Q-6(Q-17、S-8、31、38、26)を切り取り、K-10が通る穴を一ヶ所、Q-5が通るサイズの穴を二ヶ所抜きます。
GH1285.jpg
折って、K-10を通します。
GH1286.jpg
K-10にQ-1を貼り付けます。Q-6には接着してしまわないように。
GH1287.jpg
組み立て。K-10、Q-1は接着してしまわないように注意。
GH1288.jpg
Q-5を通し、貼り付け。乾いた後、K-10が動くことを確認、そしてQ-8を通しておきます。



2:

ここから後は手前五ブロックと先端部分で違います。まずは手前五ブロックを同じように一番前のブロックで説明します。

GH1289.jpg
Q-3(Q-16、S-3、7、25)を切り取り、折り曲げ。


GH1290.jpg
Q-12(Q-20、24、S-16、18)とQ-13(Q-21、25、S-19、20)を切り取り、蛇腹状に折り曲げ、Q-3にしっかりと貼り付けます。テープ等で止めてしまってもいいかもしれません。


GH1291.jpg
Q-4(Q-9、S-4、6、27)を切り取り、折って筒状に。


GH1292.jpg
Q-10(Q-23、S-5、11、24)を切り取り、Q-4がぎりぎり通るサイズの穴を抜きます。(可動B)
GH1293.jpg
折って、抜き穴周辺のみ組み立て。乾いた後、Q-4を通しておきます。
GH1294.jpg
Q-3に貼り付けます。まずQ-4の両端にのりをつけて、挟み込むようにして固定。
GH1295.jpg
Q-12、13ののりしろにのりをつけ、Q-10の裏にしっかりと貼り付け。位置はモデルを参照に、Q-10を閉じたときに自然と来る位置に。
GH1297.jpg
その後、Q-10の残りを組み立てます。


GH1296.jpg
Q-2(Q-14、S-2、12、28)を切り取り、Q-7(工程1の初めに作った、次のブロックの「K-10」にあたるパーツ)が通るサイズの穴を抜きます。これ以外の穴は抜きません。
GH1298.jpg
折り曲げ。特に円の内側ののりしろをしっかりと内側に折り込み、
GH1299.jpg
その折り込んだのりしろにのりをつけておき、Q-8を通してしっかりと固定します。Q-8は左右に同じ程度出っ張るような位置で、またQ-2も歪みなく組み立てられるような位置で。
GH1300.jpg
Q-3の両側面にのりをつけ、Q-2の内側に押し込み、位置を合わせて貼り付けます。
GH1301.jpg

GH1302.jpg
そうしておいて、Q-2を組み立て。
GH1303.jpg

GH1304.jpg
Q-7の端にのりをつけ、貼り付け。以下四つのブロックを同じように組み立てます。
GH1305.jpg



3:

GH1306.jpg
先端部分を作ります。R-30を切り取り、折って、まずQ-2等と同じように、R-33を通して固定します。
GH1307.jpg
そうしておいて組み立て。
GH1308.jpg


×2
GH1309.jpg
R-40(R-39)を切り取り、折って組み立て。
GH1310.jpg
R-30の両側に、三角形の描き込みを位置の参考にして貼り付け。


×2
GH1311.jpg
R-35(R-41)を切り取り、折って筒状に。


×2
GH1312.jpg
R-32(Q-22)を切り取り、折って、組み立て。灰色の部分は、貼り付ける前にR-35(R-41)が通る大きさの目安をつけておき、それに沿って組み立てます。が、R-35(R-41)自体は貼り付けてしまわないように。
×2
GH1313.jpg
乾いた後、R-35(R-41)を通しておきます。
GH1314.jpg
これをR-39、40に差し込んで貼り付けます。R-35、41の両端にのりをつけ、R-32、Q-22がモデルのように真ん中で断面が合うような位置で固定。乾いた後、動くことを確認してください。
GH1315.jpg


これで尻尾のフレーム部分が完成です。

GH1599.jpg
この尻尾を身体(K-2)に貼り付けます。
スポンサーサイト
category
GENO HYDRA

Comment

Trackback

http://ashleyardis.blog24.fc2.com/tb.php/208-3f716d03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。