1/72HCライガーゼロビット仕様パンツァーOP

この間のパンツァーヘッドですが、単品だとどうしようもないからペパクラギャラリーには投稿できないよねって言っていましたが、よく考えたらこういう手がありました


コール・パンツァー!


そんなわけでやや簡易ヘッドコレクションなゼロ素体です
大きさ、特にCASに関係する部分はHMMに合わせましたが、眼のサイズや下顎等はなるたけアニメ基準に

ちなみに展開図では眼のサイズと牙(及び台座)の簡易/ハイエンド具合は選択式という感じにしてありますー
画像のやつは細目、牙は上顎前歯6本以外は簡易版、根気が続かなかったw


爪楊枝軸を仕込むことで頭が上下左右、下顎、顎下カウル基盤が可動
というか下顎と頭上下軸はそもそも爪楊枝通さないと(もしくは適当な紙端切れで接着受けをつくるか)接着できないですってことに今気づきました^p^ぬう投稿データには注意書き付け足すか…(いや直せよ…


コクピットカバーは面倒だったのでヘッドコレクション基準の脱着式

しかし内装は今回の個人的コダワリポイントその1ですふふふ←
乗っているのはHMMゼロ付属ビット氏

差し替えでバーニングビックバンモニター類を再現!

まあ、かなり他力本願なのですが
…というのは、コクピットブロックはHMMゾイドPVで有名なアノマロかりんとうさん(リンク:初音ミク-TYPEアノマロ 3D-PV化計画)に以前戴いていたデータを参考に制作させて戴きました!
立体資料的に使用させていただき、かなりラクしましt
シートのサイズをそこそこ保ちつつ上顎内に押し込めるために、背もたれの角度をつけてその分足元をだいぶと底上げしています
それ以外は縦横比率は変えずとも収まるという、さすがの正確さ
データ戴いた時点での使用想定・予定とは異なっていますがそちらの方はまたいつかにwありがとうございました!


ちなみにこの素体ですが一応HMMアーマーを装着することもできます

もちろん他CASも


重さ的に破損が怖いのと軸がいろいろと貫通するのとやはり主に鼻先がキッチリとは嵌りませんがー

あと頭頂部は取り付け穴の真下に搭乗者の頭が来るという仕様になっているので、降りてもらわないと取り付けられませんw



そしてライガーゼロといえば豊富なバリエーションが特徴になっていると思いますが、今回のパンツァーOP仕様と素体制作で、頭部のみで簡易版なら気軽に完成できるということが判明しましたし、これはやらない手はないですよね!
というワケでその辺も考慮してみましたよー

ここまで分解できますw
簡易版選択式もその一環でした

して公式っぽいカラバリ・CAS・B-CASが何種類くらいあるのか書き出してみたところ…


…20種類以上…か

うむ

20週間以上は安泰という事ですね!

これにPSゾイド2の帝国カラーとか個人的に欲しいやつも加えると30近くなりますかねぇ
まあ特に気になっている奴からつくっていきますw
そしてたぶん網羅前にry

なのでもしゼロバリエでこいつは作ってほしいとか何かありましたらコメント等にどうぞw優先しますぞー
スポンサーサイト
category
1/72 ライガーゼロ

Comment

Trackback

http://ashleyardis.blog24.fc2.com/tb.php/285-ffb6e2c4