スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

1/72 HMMフューラー対応CASゴジュラス

ここ数日急ピッチで作っていたものが完成したのでアップですどーん!


そんなわけでようやく完成しました!半年以上前の記事で3DCGの完成宣言をしていた、HMMバーサークフューラーに装着できる紙CAS、ゴジュラスです

以前にも書いた通りこいつは、没案ゾイドとしてかつて雑誌に線画が掲載されていた、ゴジュラスMK3のもどき再現です

どのあたりがもどきかというと、線画では頭部キャノピーから透けて見える頭部素体の形状がフューラーままのものではないところをさぼってCASにした辺りで





キャノンにミサイル、手袋延長爪にスラスター多数と、全能力アップなパワードスーツ的なCAS、といったところでしょうかー





いやしかし砲身の弓なり具合が!目立つ!ぬぬぬ


舞衣と同じくHMM本来の可動範囲の妨げはあまりありません(ある程度CAS外してポーズ付けてからCAS付け直してしないと破損しそうで怖い、手間はまあ仕方ないです…)


荷電粒子砲!






CAS部分の可動としては、キャノン後部フィン展開、ミサイルハッチ展開、脚部アンカー展開

の3点です。あ、キャノンは上下フリー可動の基部(素体接続部)で360度旋回します



パージ!


今回こいつは舞衣と違って、素体との接続軸も全て紙製です。コピー用紙2枚貼り合わせ。1/72級のときはそれが安定ですねー
いやはやHMMフューラーは接続部分が素直に円凹なのが少なくて。そして手脚は全てはめ込み着せで何とかなるというびっくりでした



キュピーン!



さてこいつ、HMMフューラー持ってないとどうしようもないのはアレなので、超簡易素体な台座でもつくらないとと思っているのですが、そんなこと言っているとまたいつになるかわからないですが、そしたらペパギャラの方に投稿しようと思っていますので気長にお待ちください

展開図自体はできていますので、メールなりコメントなりツイッターなりで連絡いただければ個別にお送りしますので遠慮なくどうぞ!
スポンサーサイト
category
1/72 CASゴジュラス

Comment

かっこいい!
簡易素体とか用意したら、昔の鎧の台座みたいになってカッコいいですね☆
ちなみに以前いただいた蛇型ゾイドは、胴体間をつないでいた半田線を職場の上司に抜き取られて解体、廃棄されてしまいました…(半田は基板への半田付けに使われました)。写真残しとけばよかった…
  • 2013⁄08⁄09(金)
  • 00:13

相変わらずのクオリティですね。非常に残念な僕の造形とはエライちがいですよ。いつも更新楽しみなんですが、多分毎日更新されたらチェック出来ないのでこれくらいがいいのかもしれませんね。あといつも僕の変態ブログ見てくれてありがとうございます。R指定かかることはないでしょうが、バカの極みになるのは時間の問題です(_ _lll)ァハハ・・・
  • 2013⁄08⁄10(土)
  • 12:16

Trackback

http://ashleyardis.blog24.fc2.com/tb.php/316-9964118f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。