BT 頭

さて作り方記事第一弾の今日は、ブリッツタイガーの頭(展開図A、B)及びパイロット(展開図K-身体5の右下)の作り方を説明します

作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ

*見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします


…読みましたでしょうか
今日説明する頭、パイロット(一名)の総パーツ数は約54です
可動をオミットした場合は約50
大きさの割にパーツ数の多い部位ですが一番ノリノリで作れる部分だと思います

ではスタート!

1:

1
まずはコックピット周りから。A-5、A-17、A-18を切り取り、それぞれ丸めて筒状に貼り合せます。
2
A-5、A-17は混ぜてしまうと判別がつきにくいので注意。外からはほぼ見えなくなるパーツですので、パーツに番号を記入してしまっても良いかもしれません。


左右
3
B-4(B-5)を切り取り、折り曲げます。
左右
4
半分にのりをつけ、真ん中の折り線で二つに折って貼り合せます。
しっかりのりが乾いてから、
左右
5
穴を抜きます。(可動B)
右上がA-5(フードと角)、右下がA-18(頭上下)、左がA-17(キャノピー)の可動軸が通る穴です。右下の大きめの穴は軸の位置を決めているだけなので、大きさは適当でも構いません。
左右
6


B-2を切り取り、折り曲げ、B-4に貼り付けます。
7
描き込みの線に沿って貼る感じです。何気にキレイに貼るのが難しい部分です、B-2を折り線で2パーツくらいに分割してしまった方が貼りやすいかもしれません。
反対側にB-5を同じように貼り付け。
8
コックピット内部が完成です。



2:

ここでパイロットを作ってしまいます。パイロットを乗せる予定がない方は工程3まで読みとばしてください。
9
作り方は、展開図に書いてある通りです。...が、縮尺はかなり間違っています...定規で測って52倍してもらえばわかると思いますが...。本記事では一例として大人サイズの型を使ってゼル・ユピート人形を作りますが、お好きなように描いて、切って、折ってしてください。
人型ガイドを参考に描き込み、切り取り。
10
折り曲げ後を考慮してややキュビズム的に描いていますが、それ以前に似ていないのは仕様です。足裏とかごまかせないレベルでぐしゃぐしゃに…
11
ちなみに鉛筆で描いた後0.5�ペンでペン入れ、色鉛筆で色付けをしています。コピックとかがあれば、又は面倒くさがらずに絵の具で色付けしたりすればもっと見栄えが良いと思いますよ!
折り曲げ。コックピットで左右のレバーを握っている感じの座り姿をば。無理やり捻ったりもできるので、いろんなポーズがとれるかとw好きなポーズに折って下さい。
12
13
折ったりのばしたりしているうちに千切れてしまったらまた作れば良し←



3:

キャノピー(内側)を作ります。A-14を切り取り、行程1のA-17がぎりぎり通る穴を抜きます。
14
のりしろを折り、紙を軽く曲げて丸みをつけます。
15
折って、組み立て。
16
コックピット内部パーツの前部パネルの下の穴にA-14の穴を重ねて、工程1のA-17を通します。
17
18
A-17ののりしろにのりをつけ、貼り付け。
19
のりしろが長すぎる場合には、はみ出した部分はカットしてください。


キャノピー(外側)を作ります。A-10を切り取り、A-14と同じように折って、丸みをつけ、組み立てます。
20
A-14(キャノピー内側)にのりをつけ、被せるようにして貼り付けます。かなり無理矢理になるかもしれませんが、押し込めてしまってください。
21
A-14がどうしてもはみ出し、このように紙の白い色が見えてしまった場合には、A-10(外側)に合わせてA-14(内側)をカットしてしまっても構いません。
また、
22
A-10の下の部分はかなりの負荷がかかるので、のりしろが千切れてしまうかもしれません。その場合は、裏からセロテープを貼るなどをして左右を繋ぎ止めてください。
のりが乾いてから、以下の位置まで開閉することを確認してください。
24
23



4:

下あごを作ります。B-23、B-27を切り取り折り曲げ、
25
筒状に。
26
B-27は、B-23がぎりぎり通る大きさで。(可動A)


B-17を切り取り、折って組み立て。
27
B-18を切り取り、B-27が通る穴を抜きます。
28
折り曲げ、B-17を貼り付けます。
29
組み立て。
30
31
B-27を穴に通して貼り付け。はみ出したのりしろはカットしてください。
32


牙を付けます。B-12(右奥)、B-13(左奥)、B-14(右手前)、B-15(左手前)を切り取り、折って組み立てます。左右の違いはのりしろの位置くらいなので、混ぜてしまっても構いません。かなりイラッとくる細かさのパーツですが、牙が付くと一気に格好良くなりますので…耐えてください;
組み立てたものを、B-18(下あご)に貼り付けます。
33
紙の切れ目が口の奥を向くように。とはいえ牙の微妙な斜め具合はほとんどわからないですし、適当な向きでつけてしまっても支障はないです。



5:

頬髭を作ります。
左右
34
A-19(A-16)を切り取り、工程4のB-23が通る穴を抜きます。
左右
35
折り曲げ。
B-1を切り取り、折り曲げてのりしろを貼り、A-19に裏から貼り付けます。
36
A-19を組み上げます。
37
38
反対側も、A-16を使って同じように。
39
工程3のコックピットパーツに貼り付けます。
40
41
工程4の下あごにB-23を通し、
42
B-23の両端にのりをつけてA-19とA-16(頬髯パーツ)の穴に通し、挟み込むようにして固定します。
43
下あごが開閉することを確認してください。
44
45



6:

頭の上下可動部分を作ります。A-20を切り取り、折って工程1のA-18がぎりぎり通るサイズの筒にします。(可動A)
46


B-28を切り取り、折って、筒状に。
47


B-24を切り取り、B-20及びB-28が通る穴を抜きます。
48
折り曲げ、
49
組み立てます。
50
51
52
穴にA-20を通し、のりづけします。
53



7:

頬の部分を作ります。
左右
54
B-20(B-21)を切り取り、折って、組み立てます。このパーツにある隙間でハッチを止めるので、のりしろからのりがはみ出して接着されてしまわないように、注意してください。


B-22(B-19)を切り取り、折り曲げます。
左右
55
B-20(B-21)ののりしろにのりをつけ、裏から貼り付けます。
左右
56
B-22(B-19)を組み上げます。
左右
57


工程1のA-18を工程5のパーツ及び工程6のB-24に通します。
58
A-18の両端にのりをつけ、B-22とB-19を貼り付けます。
59
A-18の紙の切れ目がB-22とB-19にぎりぎり隠れるくらいの向きで。A-18が半分ほどはみ出るのは仕様です。
60
61
62
63



8:

上顎を作ります。B-3を切り取り、折って、組み立てます。
64


B-16を切り取り、折り、B-3を貼り付けます。
65
組み立て。
66
と言ってものりしろ二ヶ所を貼るだけですが。

口を開け、B-5(口内パーツ・上)を頬髯パーツ(オレンジ色のパーツ)の間に押し込めます。
67
このような位置に来るまで突っ込んでください。
68
のりをつけ、
左右
69
貼り付けます。
左右
70


牙を作ります。B-7(右奥)、B-8左奥)、B-9(右手前)、B-10(左手前)を切り取り、折って組み立てます。下あごの牙と同じく左右の違いはのりしろの位置くらいなのでry、上顎の牙は更に前後の違いもほとんどありません。つまり細かいことを気にしないという方は4本適当に貼っつけてしまって下されば。
71
一応紙の切れ目が口の奥を向くのも下あごと同じく。イラッとくる程度も同じですwたった8本だから良いと思いましょう。ティラノ型なんて…


B-11(B-6)を切り取り、折って組み立て。
左右
72
上顎に貼り付けます。
73
下あごに引っかかるぎりぎりの位置なため、口を閉じた状態で貼り付けてください。
74
段々らしくなってきました。ここまでで頭は半分以上完成です!



9:

角を作ります。A-4を切り取り、折って、筒状に。
75


A-3を切り取り、半分にのりをつけて貼り合せます。のりが乾いたら、
76
工程1のA-5が通る穴を抜きます。(可動B)だ円の方はA-4がするする動く程度の幅で。


A-1を切り取り、折り曲げます。
77
そうしておいて、
A-4を写真の位置に貼り付け。
78
三角がこの辺にくる位置、
79
A-4の紙の切れ目が、A-1の折り線に沿うような位置で。
のりが乾くまで待ち、A-4にA-3を通し、
80
A-4を挟み込むように…というより、反対側も上で貼ったのと同じ位置にA-4が来るように押し込めるようにしつつ、組み上げます。
81
82


A-2を切り取り、折って、組み立て。
83
貼り付けます。
84
A-3が円状の抜き穴の上まで収納されることを確認してください。
85
また、最大限に引き出して倒した時にこの位置までくることを確認してください。
86



10:

コックピットハッチを作ります。まずは内側から。A-11(A-9)、A-12(A-8)を切り取ります。
左右
87
A-11(A-9)の抜き穴は、一番幅がある部分が工程1のA-5が通る大きさで。
折り曲げ、組み立て。
左右
88
目の先にあたる部分は、紙をほんの少し重ねて貼りつけ。
紙を軽く曲げ、表情をつけます。
左右
89


A-5を頭と角に通します。
90
A-11を取り付け、A-5ののりしろにのりをつけて貼り付けます。
91
A-9(反対側)も同じように貼り付け。
92



11:

次は外側。A-23(A-22)、A-24(A-21)を切り取り、内側と同じような感じで折り、曲げて、組み立てます。
左右
93


A-15(A-13)を切り取り。折って、組み立て。
左右
94
多少無理に歪めないと貼れない部分があります。
A-23(A-22)の裏から貼り付けます。
左右
95


耳を作ります。A-7(A-6)を切り取り、折り曲げて、真ん中の折り線で折って貼り合せます。
左右
96
この貼り合せに、のりしろを使ってしまわないように注意。
フード外側パーツの切れ込みに耳の下の方ののりしろを差し込み、裏で貼り付けます。また上ののりしろも写真の位置で裏に折り込み、貼り付けてください。
97
98


これらを、頭に貼り付けます。内側パーツにのりをつけ、位置を合わせて貼り付けます。
99
一部無理に貼り付けると形が崩れてしまう部分がありますので(耳のあたり、フード上下可動軸の周辺)、そこは多少隙間が出来てしまっても良いので無理に貼ろうとしないでください。
100


さああと1パーツで頭が完成です!A-25を切り取り、折って組み立て。写真と展開図で切り込み線の長さが違いますが、写真の方が間違っています。赤いセンサー部分には切り込みを入れません。注意してください。
101
角の前にあたる部分に挟み込み、のりづけします。
102
103


角が収納、展開できることを確認してください。
104
105


また、ハッチが開閉することを確認してください。
106
107
フードは鼻先と頬の隙間にべろを差し込んで止めます。
108



これで頭が完成です!お疲れ様でした^^

次回は首の作り方を説明します。
…本当は頭と首は一つの記事にまとめる予定だったのですが、なんだか動作が重くなってきたようなので;
なるたけ細かい単位で説明するする方針にします…

それでは!
スポンサーサイト
category
BRITZ TIGER

Comment

Trackback

http://ashleyardis.blog24.fc2.com/tb.php/62-2d1ace8f