スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

BT 首

作り方記事第二弾!

ブリッツタイガーの首(展開図Bの残り、C、D)の作り方を説明します

作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、特に『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ

*見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします


首の総パーツ数は約41、可動に関わるパーツは約4つ

左右対称なパーツが多いので説明は短めです
あくまで説明は(殴

そんな訳で同じor左右対称なパーツが早くもやる気を削ぐ部分ですが
こんなのはまだ序の口ですよ!(応援になっていない


1:

まず内部フレーム…の可動部分から。B-26を切り取り、折り、頭の作り方の工程6のB-28が通るサイズの筒状に。(可動A)写真を撮り忘れた…

B-24(頭の可動部分パーツ)にB-28を通し、
109
B-25を切り取り、穴を塞ぐようにして止めます。
110

C-3を切り取り、筒状にします。
111
C-2を切り取り、C-3がぎりぎり通るサイズの筒状にします。(可動A)
112

C-1を切り取り、前ふたつの穴はB-26、後ろふたつはC-2が通る穴を抜きます。
113
とはいえデータ上は同じ大きさの穴ですし、位置決めの為の穴ですので、そこまで神経質にはならなくて良いです。
折り曲げ、
114
B-26、C-2の切り口が真っ直ぐな方を写真の位置の穴に通して貼り付け。
115
B-26は黒い三角が、C-2は紙の切れ目がパーツの中心を向くような向きで。
組み立て。B-26とC-2はのりしろを穴から出して外で止めます。
116
117
118
119

C-4、C-5を切り取り、B-26、C-2ののりしろを貼った面に貼り付けます。
120
121
のりが乾いてから、前の穴(B-26)に頭パーツが、後ろの穴(C-2)にC-3が入ることを確認してください。
122
123



2:

マルチラックを作ります。このラックというやつは、多少形が違いながらも全身で14ヵ所くらい登場します。またかwと思っても頑張って作ってあげてください…さてまずD-5を切り取り、折って筒状に。
×2
124

D-2を切り取り、折って組み立て。
×2
125
126
127

D-1を切り取り、D-5が通る穴を抜きます。(可動B)四角の切り抜きはD-2が通る幅で。
×2
128
折り、一部を組み立て。
×2
129
D-2を中に入れ、
×2
130
組み上げ。
×2
131
132

D-3を切り取り、折り曲げ組み立てます。
×2
133
134
135
136
137
D-1に貼り付け。穴にD-5を通します。
138

D-4を切り取り、折って組み立て。
×4
139
D-5の両端に貼り付けます。
×2
140

D-4にだけのりをつけ、内部フレームに貼り付けます。
141
乾いた後、ラックが動くことを確認してください。
142



3:

首の装甲を作ります。左右に加えて、大小ほぼ同じものを作ります。ですので大きい方をメインで説明、各文の最後に小さい方の対応するパーツナンバーを載せます。
まずC-20(C-18)を切り取り、折って組みます。一部のりしろがはみ出す部分がありますが、はみ出したのりしろはカットしてしまってください。【小:C-29(C-28)】
左右
143

C-21(C-16)を切り取り、折り曲げ、組み立て。【小:C-22(C-23)】
左右
144

C-19(C-17)を切り取り、折り曲げ、組み立て。【小:C-25(C-24)】
左右
145
C-19(C-17)にC-20(C-18)とC-21(C-16)を裏から貼り付けます。
左右
146

C-27(C-26)を切り取り、折って組み立て。【小:C-15(C-14)】小さい方は牙に次いでミクロなパーツですが…何とか形にしてください;
左右
147
C-19~21(C-16~18)の裏から貼り付けます。
左右
148

C-11(C-10)を切り取り、裏を塞ぐように貼り付けます。【小:C-13(C-12)】
左右
149

内部フレームに貼り付けます。
150
貼り付け位置は、写真と描き込みの線を参考にしてください。



4:

首の可動部分を作ります。C-7を切り取り、筒状に。
151

C-8を切り取り、のりしろを折ってC-7がぎりぎり通るサイズの筒状に。(可動A)
152

C-6を切り取り、C-8及び工程1のC-3が通る穴を抜きます。
153
折って、組み立て。途中経過は頭の作り方の工程6を参考にしてください。
154
C-8を穴に通し、のりづけ。
155
C-7を通しておいてください。
156
もう片方の穴にC-3を通し、
157
C-9を切り取り、穴を塞ぐようにして貼り付けます。
158
のりが乾いてから、頭・首・この可動部分を組み立て…それぞれ差し込むだけですが。
159
C-7の両端を指で挟み、頭~首までを支えきれているかどうかの確認をしてください。全く支えきれていないようでしたら、C-7にセロテープを巻いて太くして調節してください。*写真はイメージです
160



これで頭~首までが完成です!
161
お疲れ様でした




次回は身体の予定です
スポンサーサイト
category
BRITZ TIGER

Comment

Trackback

http://ashleyardis.blog24.fc2.com/tb.php/71-9c70fc6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。