BT 尻尾

またもやお待たせいたしましたー…作り方記事第四弾!

今回はブリッツタイガーの尻尾(展開図M、N)の作り方を説明します

作る前に必ず1970年10月記事(または『作成の前にお読みください』カテゴリー記事)、特に『最注意事項および連絡先』を読んでください
また同年(カテゴリ)記事ではぺパクラを作るにあたっての基本的なテクニック・工具なども説明していますので、参考にしてください

完成した各部位のギミックを動かすときの留意点等はギャラリーの方に記載してありますので、これもよろしければ参考にどうぞ

*見た目重視のため、本作品には破線による折り線は表示しておりません
切り取り、山折り、谷折りの線を色別で分けて表示したガイドをご希望の方は、上記記事に記載のメールアドレスよりその旨をお伝えください
ビュワーで閲覧可能なデータをお送りいたします


尻尾の総パーツ数は約43、無可動だと6パーツくらい減らせます

上下には結構大胆に動く部分、あとこの尻尾の完成で全長でどれくらいのスペースを占領するのかが確定します



1:

M-9を切り取り、折って組み立て。
297


M-8(M-10)を切り取り、折り、筒状に。
×2
298


M-11を切り取り、折って組み立て。
299
M-8、9、10を貼り付けます。円、四角ともに小さい方の側の描き込みに合わせて貼って下さい。
300
乾いた後、M-8、M-9の前側を指で左右から押さえて潰します。思い切ってやってしまってください。
300.1


M-7を切り取り、折って、組み立てます。途中経過は首の作り方の工程2を参考にしてください。
301
身体の作り方の最後辺りで作った尾の根元の可動軸、M-2に貼り付けます。この時M-6にはのりが付かないように注意してください。
302


M-13を切り取り、M-6が通る穴を抜きます。
303
折って、M-6を穴に通し、
304
組み立てます。
305
M-11の四角の描き込みにのみのりをつけ、M-13に貼り付けます。
306


M-12(M-14)を切り取り、折ってパイプ状に。
×2
307
M-11の円の描き込みに合わせて貼り付け。
308


M-15を切り取り、折って組み立て。
309
一重の円が書いてある方を前方にして、貼り付け。
310


M-21を切り取り、折って、筒状に。
311


M-20を切り取り折って、M-21がぎりぎり通るサイズの筒状に。(可動A)
312
M-16を切り取り、M-20が通る穴を抜きます。
313
折って、組み立て。このパーツ、狙ったわけではないのですが鳥の頭みたいな形w
314
M-20を穴に通して貼り付け。
315


M-19を切り取り、折って、組み立てます。このパーツは、CGモデルと一部形が異なります。何の切れ込みもない、ただの箱になるようにしてください。
316
M-16ののりしろにのりをつけ、M-19の白い部分に合わせて貼り付けます。
317


N-2を切り取り、折って筒状に。
318


N-1を切り取り、N-2が通るサイズの穴を抜きます。(可動B)またM-16が通る幅で四角く抜きます。写真のN-1は展開図と一部形が異なりますが気にしないでください。
319
折って、片方の上部を組み立て。
320
M-21の両端にのりをつけ、写真の位置になるようにねじ込みます。
321
上部の残りを組み立て、ここから
322
この辺りまで動くように、調節してください。
323
撮り忘れたので数工程後の写真ですが…


これらを、
324
M-15の四角の描き込みに合わせて貼り付けます。
325



2:

M-23(M-22)を切り取り、千切れてしまわないように注意しながら、それぞれパイプ状にします。連結部分は裏から何か余った紙を細切りにしたものを貼って補強した方が良いかもしれません。なお写真は一部形が異なりますが気にしないでください。
×2
326

×2
327
乾いたら形を整える。
そうしておいて、M-15に貼り付け。向きを間違えないように。
328

329


M-18(M-17)を切り取り、折って組み立て。
×2
330
M-23、M-22に通し、そのままの状態でM-1の描き込み線に沿って貼り付けます。
331


N-14を切り取り、折って筒状に。
332


N-11を切り取り、折って、組み立て。
333


N-10を切り取り、N-14がぎりぎり通る穴(可動B)、N-11が通る幅の四角を抜きます。
334
折って、途中でN-11を中に入れつつ組み立て。途中経過は首の作り方の工程2を参考に。
335
乾かし、N-14を通しておきます。
336


N-9を切り取り、折って組み立て。
337
工程1の真ん中あたりで作った筒パーツ、N-2を下から貼り付け。
338


N-8を切り取り、N-2が通る穴を抜きます。(可動B)
339
N-8を折ってN-2に下から通し、後方真ん中ののりしろでN-9に貼り付けます。
340


N-7(N-12)を切り取り、折って筒状に。
×2
341
N-14の両端に貼り付けます。
342


N-3、N-4を切り取り、折ります。
343
N-3にN-4を貼り付け、上部を組みます。
344
N-9を中に貼り付けます。写真ではN-7とN-12も貼ってありますが、間違いです。
345
N-2をN-1(これまでに組んだ尻尾本体)に差し込み、N-3、4を組み立て。M-23、22(オレンジのパイプ)をN-3に貼り付けます。写真一枚目は先ほどと同じく間違い。
346

347
最後にN-7、12をN-3に貼り付けます。
348



3:

N-13を切り取り、組み立て。途中経過は首の作り方の工程2を参考にしてください。このN-13、ナンバーマーカーがパーツに刺さっていますね…すみません。完成後には見えなくなる部分ですが、気になるという方は端切れを貼るか塗ってしまってください。
349
N-10に貼り付け。
350


N-20を切り取り、折って組み立て。
351


N-15を切り取り、折り、組み立て。
352

353
N-20の描き込み線に沿って貼り付けます。
354


N-19を切り取り、折って筒状に。普通に筒状にし、乾燥後少し潰して両端を止める…ようにすると良いかも。
355


N-18を切り取り、のりしろを折り、N-19に巻きつけるようにして貼り付けます。
356


N-17を切り取り、折って筒状に。
357


N-16を切り取り、N-18が通るサイズのだ円、N-17が通る幅の四角を抜きます。
358
折って、だ円の抜き穴の裏からN-18を通し、貼り付けます。はみ出たのりしろはカット。
359
組み立て。
360
これらをN-20に、描き込み線に沿うように形を整えつつ、貼り付け。
361
N-17の青い方の端にのりをつけ、N-16上部に差し込むようにして貼り付け。
362


N-6(N-5)を切り取り、それぞれ筒状に。これも連結部分を裏から補強することをおすすめします。
×2
363
N-20に貼り付け。
364


N-20をN-13に被せるようにして貼り付けます。
365
N-5、6をN-8と9の隙間に入れます。
366

これにて尻尾が完成、お疲れ様でした!
スポンサーサイト
category
BRITZ TIGER

Comment

Trackback

http://ashleyardis.blog24.fc2.com/tb.php/82-77cedb53